一般社団法人 日本クレーン協会 長崎支部

厚生労働省登録一般社団法人

*

事業概要

      2018/03/26

■調査・研究(本部)
クレーン等の構造、使用、保守管理などについて技術的な調査研究を行っております。また、クレーンに関するJIS及びISOの審議団体になっており、国内の規格の整備、国際規格との整合化及び国際標準化に中心的な役割を果たしております。

■検査・検定
厚生労働省の登録を受け、クレーン、移動式クレーン、エレベーター、ゴンドラ等の性能検査、クレーン及び移動式クレーンの過負荷防止装置の型式検定を行っております。

■教習・講習及び教育
クレーン及び移動式クレーン運転士安全衛生教育、床上操作式クレーンの運転、小型移動式クレーンの運転及び玉掛けの各技能講習、天井クレーン、移動式クレーン及び積載形トラッククレーンの定期自主検査者安全教育、クレーン等の設計技術者・整備者の安全教育、その他クレーン等に関する特別教育及び安全教育講師の養成教育を行っております。また、クレーン等による災害の防止等に関する技術的指導を行っております。

■広報・図書出版
機関誌として月刊誌「クレーン」及び「クレーン年鑑」を発行しております。クレーン等の免許試験や技能講習、特別教育、技能向上のための安全教育用のテキスト、クレーン等の関係法規とその解説及び点検表などの図書を発行しております。

■情報管理
クレーン等関係の技術情報や災害事例の分析結果等を取りまとめ、クレーン誌やクレーン年鑑等に掲載するとともに、内外の文献、規格等を幅広く収集し、これを分類・整理して同様にクレーン誌等に掲載し利用に供するほか、通達、協会関係資料等を整備・保管し、会員の閲覧などに供しております。

■主要行事
毎年9月30日を「クレーンの日」として主唱し、クレーン等による労働災害防止のための「全国クレーン安全大会(優良クレーン運転士等表彰、研究発表)」、「クレーン等安全競技大会」など会員の参加による労働災害防止活動を全国的に展開し、広く一般に公開しております。

■国際交流
ISO国際会議に参加し、ISO規格制定に参画するとともに、日本、中国、韓国の三ケ国において、日中韓アジアクレーン安全シンポジウムを開催し、技術交流を積極的に推進しています。

 - 協会案内